カテゴリー : diary

「あなたを思いながら」

昨日のブログの続きというかなんというか。
幸運なことに、先の記事が当事者の目に触れたようで、結果、ついったーで話をすることができました。
いやあ、書いてみるもんだね、ブログ。

続きを読む

「あなたのためを思って」

ふと思ったメモ程度の雑記。

続きを読む

誕生日前日に自宅にいた結果wwwww

ついったーでもリアルでも仲の良い皆さんがわざわざ自宅までプレゼントを持ってきてくれたよ。

続きを読む

誕生日なのでウィッシュリストを公開した結果wwww

誕生日おめでとう俺!

……本当は明後日(2/12)が誕生日なんだけど、時間があるので今日記事にします。

続きを読む

僕は今日ブログを書かない

僕は今日ブログを書かない。
何故なら、書くことがないからだ。書きたいこともないし、書くべきこともない。
世界に対して言いたいこともないし、世の中への不満も特にないし、知らないと損するなんたらかんたらも、人生を効率化するためのなんたらかんたらな10の方法も知らない。
とにかく書くことがない。
書くことがないなら書かなければいいだけの話だ。それはそういうものだ。

続きを読む

あなたがそうであるように

「君がそうであるように、誰かもまたそうなんだろうな」

 5年ぶりに会ったヒナタさんはそんなことを言っていた。
 春のような陽気が煩わしい週末の、次の日のことだった。

続きを読む

大阪市天王寺区のデザイナー募集の件で思い出したこと

大阪市天王寺区が発表したデザイナーの募集要項が鬼畜過ぎると一部で話題になっていますね。

【報道発表資料】デザインの力で、行政を変える!!~天王寺区広報デザイナーを募集します~

傍から見ている分には面白いので見物だけしてますが、僕としては死ぬほどどうでもいいです。大阪府民ですらないし。
大体、こんなの今回が初めてってわけでもないわけで、今更騒ぎ立てるようなことでもないかなって。
うん、初めてじゃないんだ。済まない。

そういうわけで、学生時代に大阪府関連のコンテンツ制作に関わった話をしようと思う。
なんかふわっと思い出したので。
あ、ここから先は特に面白くないです。
別に行政のスキャンダラスなあれこれとか知ったこっちゃないし、僕らはただ学校に言われた通りに物作ったってだけの話なんで。

続きを読む

エロゲのジャンルを見てみよう

ゲームにはジャンルというものがある。
RPGとか、アクションとか、SLGとか、要はゲームシステム的な区分なのだけれど、この手のジャンル名も一般化されて久しい。
RPGと言えばやはりFFとDQの二大巨頭がぱっと思い浮かぶ。
実際、FFもDQも、主人公をロールプレイするゲームという意味では同じものだけれど、その内容は全く違う。
FFやDQに限らず、何だってそうだ。
その点、次いで有名なRPGシリーズであるところのテイルズシリーズは面白い。
何しろジャンルが「伝説のRPG」だの「運命のRPG」だの、果ては「生まれた意味を知るRPG」だの、最早何が何だかわからない。
わけがわからないけど、他とは一線を画す何かがある。光るものがある。

でもエロゲーは違う。格が違う。
システム的なジャンル名とか全然気にしない。
何しろエロゲーなんてほとんどシステムはアドベンチャーだ。差別化もクソもない。
だから常人では思いつきもしない4次元方向に吹っ飛んだジャンル名が出てきたりもする。

※この記事自体は全年齢対象ですが、リンク先は大体18禁です。背後に注意しながら閲覧してください。

とりあえず全部書いてたらキリがないので、先月(2013年1月)に発売のエロゲから紹介していこうと思う。
次回があるかどうかは知らない。

続きを読む

記号化される僕ら

○○女子、○○男子、そんな言葉が増えたのはいつからだったろう。
よくわかんないけど、多分「草食系」とかその辺が元祖だった気もする。
「リア充」なんてスラングが誰にでも通じるようになったのはいつからだろう。
そんなことをふと考えた。

続きを読む

ラブソングが聴けない

普段、僕はよく音楽を聞く。
ジャンルは色々あるけれど、大体はロックだ。邦楽ロック。
中でもスピッツが好きだ。
そういうことを人に言うと、「あー、確かにスピッツ好きそうな顔だわw」みたいなことをよく言われる。
意味がわからない。
オタクっぽいということだろうか。多分そうだろう。

そういうことなら仕方がないのでアニソンも聞く。ゲームソングも聞くし、同人音楽も嗜む。もちろんボカロ曲も大好きだし、東方アレンジだって好きだ。
でもメインは邦楽ロックだ。そういうことにしておきたい。
ここ数年はアマチュアバンドのCDばかり買っているので、最近のメジャーなロック事情はよく知らないけれど。

続きを読む