推理ゲーム「扉峰螺旋環」のヒント

この記事は前回の記事の解決のためのヒント集です。
難しい!無理ゲーだ!死ね!埋まれ!などの声を多数頂いたため、いくつか解決の糸口を記しておきます。

内容が内容なので、「扉峰螺旋環」の答えがどうしてもわからない!という人のみご覧ください。
もちろん多分にネタバレを含みます。

Twitterでも言ったとおり、このゲームにはいくつも必要な情報が不足しています。
特に、決定的な情報が2つほど。
そもそも殺人事件で被害者も加害者も答えろなんて、無理ゲーです。
なので、大きく矛盾がなく、また、問題文に記載された各設定に矛盾しない限り、僕の考えている解答とは違っても正解になり得ます。
そこんとこは、それぞれDM等で答え合わせをしているので、ご理解頂けるかなあ、と思います。

なお、情報量が多いので前回記事で書いた前提条件は省きます。

いくつかのヒント

【ひとつめ】
時系列としては「殺人事件発生→火災発生→消防車到着→3名救助」となります。
また、消防が到着するまで事件は外部には発覚していません。
火災は殺人事件の後に発生していますので、殺人を通報した人間は誰もいないことになります。
でも、外部との連絡手段を持っている人が一人いましたよね。

【ふたつめ】
最初に言った「不足している決定的な情報」の一つは、登場人物に関する情報です。
これに関してはあえて書いていないので、誰かしら気になって質問してくるかなあ、と思っています。

【みっつめ】
重要なルールのひとつ「機能」について。
「機能」とは、「そうあるべき」という自分のルールです。
例えば、シロは「傍観者」の機能を順守しますから、目の前で人が死んでもただ見ているだけです。
命の危機に瀕しては機能よりも生命維持を優先しますので、もしも犯人に襲われたら、彼は機能を放棄して対処します。
それは他の全員についても同じです。

【よっつめ】
重要なルールのひとつ「名前」について。
彼らは自らの機能を名前としますが、機能を持たない者は身体的特徴を意味します。
つまり、「ネコ」だけは機能を持ちません。

【いつつめ】
犯人の目的は「皆殺し」ではありません。事故でもありません。
犯人は明確な理由があって殺害する人間を選びました。

【むっつめ】
犯人の持っていた銃弾は2発。銃殺されたのは2人。犯人は一発も外していません。
家にいるのは全員子どもで、みんな趣味はインドアのようです。腕力はあまり無いと思うんですが、普通当たりますかね?

【ななつめ】
問題文に記載されてあることは全て正しく順守されます。
例えば、みっつめのヒントでの「シロは目の前で人が死んでも見ているだけ」というのは、現実離れしていますし、常識的にあり得ませんが、「機能」のルールから外れない限り、彼はそうします。
逆に言えば、問題文に書かれていないことは、おおよそ想像で補って常識的にあり得るならば、理屈として組み込んで問題ないということになります。

【やっつめ】
犯行の動機になったのは「好奇心」です。

【ここのつめ】
「機能」と「名前」の2つのルールが最も重要な情報です。
その性質を考えてみてください。

なお、現時点(1月17日の21時)で一発で正解した人が1人だけいます。
よかった。わかる人にはわかるんだ。やんや!やんや!

このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。