【WIXOSS】世界観に言及するフレーバーまとめ(WX-08~10編)

半年ぶりくらいですね。
WX-10[チェインドセレクター]が発売されまして、気になるフレーバーが無いかざっとチェックしました。
WX-08、09ではヒントになるものがあまりなかったので、ついでにまとめようと思います。

今までにわかってることまとめ

TVアニメ「selector」の位置づけ

TCGのWIXOSSにおける世界観はTVアニメ「selector」シリーズとは独立しており、あんまり関係ありません。「selector」は単純にWIXOSSというカードゲームが登場するアニメです。
そういうわけで、基本的に「selector」内での設定や世界観は無視しています。
あ、それはそうと劇場版楽しみですね。

基本的な世界観

世界には「願いを具現化する因子」としてWIXOSS因子が、また、「願いの力」として「エナ」というエネルギーがそれぞれ存在します。
WIXOSS因子は単体では願いを具現化することは出来ず、エナと結合させることで初めてその力を発揮します。
ただし、エナは限られた少女にしか生み出すことはできないため、必然的に願いを具現化させることが出来るのはそれらの少女に限られます。
また、願いの強さに応じて必要になるWIXOSS因子の量も多くなります。
「WIXOSS」における少女たちの戦いは、WIXOSS因子を奪い合い、自らの願いを具現化するための戦いです。

歴史や経緯など

この世界には「始めの少女」と呼ばれる少女がいました。名前をエナといいます。
おそらく彼女がWIXOSS因子とエナを結合させることで願いを具現化する能力を有した最初の少女です。
彼女の有する「願いの力」は、その名を取ってエナを名付けられました。
そして、最初のルリグは始めの少女の「悲痛な願い」であり、人類はそれを危険と判断しました。
人類は始めの少女を畏怖し、研究します。その結果、彼女はルリグに自身の消滅を願うことになります。
結果、始めの少女の本当の願いは満たされませんでした。
その後、始めの少女は本当に消滅してしまったようですが、始めの少女と同じくエナを生み出すことの出来る「少女」が複数現れ始めます。
当たり前ですが、少女が複数人いないと戦いは発生しないので、時系列として前述の「戦い」の始まりはこれ以降ということになります。

ルリグとシグニ

ルリグは少女の願いの形という認識でいいのでしょうか。ここはイマイチ確証が持てませんが、始めの少女の例からすると可能性は高いです。
ルリグはエナをWIXOSS因子と結合し、自身をグロウさせることが出来ます。また、エナを使って自身の力を解放するアーツを使うことが出来ます。
エナとWIXOSS因子の結合は少女が願いを具現化させる手段として説明されていますが、ルリグが願いの主体となることでグロウという現象を具現化しているのでしょう。
一方、シグニはルリグとは全く異なる存在です。
シグニはルリグが触れる現象の化身であることが明かされています。
シグニの外見はルリグが望んだ姿であり、シグニはルリグの存在を認識していません。

WX-08~10に収録されたカードの中で世界観に言及しているもの

WX-08

【WX08-082 サーバント Q2】
願いに答えは無く、純粋な争いに解決は見いだせない。

【WX08-083 サーバント T2】
平和への祈りは、白きエナを生み出す。

【WX08-084 サーバント D2】
成長の欲求を願う少女は緑のエナが。破壊の衝動は黒きエナを。

【WX08-085 サーバント O2】
立身出世を願う少女には赤きエナが。英知の向上を願う少女には青いエナが。

WX-10

【WX10-053 集結する守護】
シグニは少女の想像の域を出ない。ただ、少女の想像は底知れない。

【WX10-097 サーバント Q3】
黒と白の願いは特性上、衝突が避けられなかった。

【WX10-098 サーバント T3】
緑の願い主は、争いを好まなかったが、標的にされた。

【WX10-099 サーバント D3】
主に赤に分類される願いには、多くの軍事的支援があった。
主に青に分類される願いには、多くの政治的支援があった。

【WX10-100 サーバント O3】
少女たちの願いは大体純朴だったが、そこに目を付ける大人もいた。

以上。
最近のサーバントはエナの話しかしませんね。
この辺は考察するまでもなく読めばわかるので特段何かまとめたりはしません。
しかし、願いの種類とエナの色を考えると、selectorのキャラの中ではあきらっきーと遊月が浮いてますね。
あきらっきーは立身出世の願望だから赤になるのでは。あるいはライバルを蹴落としてトップアイドルになるための政治的支援という意味合いなんでしょうか。
あと遊月に至っては意味不明です。恋は戦争だから軍事的支援ってことですか?

その他、【WX10-053 集結する守護】においてシグニの正体が示唆されていますが、【WX01-099 逆出】においては「シグニはルリグが触れる有象無象の化身」と説明されています。
これらから察するに、シグニの外見はルリグが望んだ姿である、という考察はミスリードだったようです。
シグニはルリグが触れる有象無象を、少女の想像力によって現出させている存在のようなものなんでしょうか。
ややこしいですが、これもエナとWIXOSS因子の作用なんでしょうね。

最近は新情報が少なくて考察が捗りません。
知識系スペル早くきてくれー。

そんな感じで。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。