【描いた】CQフェアリーランド

_CQフェアリーランド

水のように実態のない退屈を雲のような淡さで混ぜっ返して
“もう子供じゃないんだから”って、言われ続けてヘラヘラ笑った

CQ CQ CQ

ネバーランドなんてあるはずもないが
どのみち僕らは幼さを捨て切れないから
抱えても飲み込んでも投げ捨てても
それが僕らであったことはごまかせない

いつだったっけ溜まり場にしていたコンビニの跡はまっさらになってて
浸れるような感傷もないけど、泡のように心が乾いた

ひとりきりで歩いてく現実のヒロインはもう君じゃなくて
不満なんてありはしないけど、笑えてますか、いま、心から

CQ CQ CQ

ひどく疲れた週末の午前二時
本当は探してる朝焼けのフェアリーランド
何一つあきらめちゃいないんだ
形だけでもそう願うなら
この先はいつか見た未来だよ

CQ CQ CQ

CQフェアリーランド CQフェアリーランド CQフェアリーランド

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。