僕は今日ブログを書かない

僕は今日ブログを書かない。
何故なら、書くことがないからだ。書きたいこともないし、書くべきこともない。
世界に対して言いたいこともないし、世の中への不満も特にないし、知らないと損するなんたらかんたらも、人生を効率化するためのなんたらかんたらな10の方法も知らない。
とにかく書くことがない。
書くことがないなら書かなければいいだけの話だ。それはそういうものだ。

僕はつい先日、これからは頑張ってブログを更新するとついったーで宣言した。
今月は日曜日を除けば毎日更新できているけれど、僕はこのままブログ更新を習慣化してしまった方がいいと思っている。
ものを書くという行為は楽しいし、やはり何というか、ブログを持っている以上、きちんと更新しないといけないだろうという価値観が僕の中で生まれつつあるのだ。
しかし、毎日更新しようと思い立ってからまだ一週間しか経っていない。それはまずい。三日坊主(現実には一週間だけれど)はダサい。

でも書くことが何もないんだから仕方ない。今日はブログを更新しなければいい。
僕にはその自由がある。やってもやらなくてもいいなら、何だってやらない方がエコだ。
僕は「何もしない」というのがそれ程嫌いではない。
出来ることならば全身がすっぽりと収まるふわふわのお布団にくるまって、一週間くらい部屋の隅っこでじっとしていたいくらいだ。
しかし現実は非情である。
僕は生活のために労働しなければいけないし、ブログを毎日更新すると公言してしまったのだ。
仕方のないことなのだ。悲しいけれど、これが現実なのだ。

この厳しい現実を生き延びるために必要なものと言えば、何はなくとも諦観である。人生あきらめが肝心だ。
世の中的には、そういう考え方をしている時点で負け犬とみなされることも多いけれど、僕は別に負け犬でいいと思っている。
勇者として死ぬより負け犬として生きていきたい。勝敗がつけば終わるなら、負けを選んでそれでも息する、なんて、確かBUMP OF CHICKENの藤原さんも歌っていた。
死ぬよりマシだ。当たり前だ。
才能も無ければ生まれも平凡、顔も頭もコネも心も凡庸極まりない僕が勇者としてきれいにかっこよく生きようとすれば、必ず努力が必要になる。
僕は頑張りたくない。だって面倒臭いじゃないか。
特別ライフをハックしようとは思わない。ライフをハックする時間を短縮するライフハックが欲しい。出来ればハックする必要のないライフがいい。
知らないと損する知識!なんて言われても、今まで知らずに生きてこれたなら今後も多分必要ないだろう。

要するに、僕は幸せになる必要なんて無いと本気で信じているのだ。
だから必要以上にお金を稼ぐつもりもない。使うあてのない技術を覚える気もない。人生を効率化して余った時間でやりたいことなんて何一つない。
ただ状況に合わせてへらへら笑いながら生きていくのだ。
不満があっても、不遇な扱いを受けても、アクシデントに見舞われても、怒られても、笑われても、貶されても、騙されても、最初から諦めることを覚悟していれば、傷は浅くて済む気がする。
そういう生き方をしていれば、何というか、生きていくことはできても、生きていくことしか出来ないんじゃないだろうか、なんてことを考えもするのだけれど、僕としては生きていければそれでいいのだから、だったらそれでいいんだろう。

もちろん、それは何も節制や禁欲を意味しない。
遊びたい時には遊ぶし、欲しいものは買う。「幸せになる必要は無い」というのは、単に嫌なことをしないための方便だ。
けれどそれでいい。何故なら、僕はそういう風に考えながら今まで生きてきたし、生きてこれたのだ。
今のところ、この意識に何かしらの変革の兆しはない。
何かしらの変革、言わばパラダイムシフトを待ち望んでいる僕もどこかにいる。
まあ、それはそれで、そうなった時はそうなった時だ。それもそれでいい。

そういうわけで、僕は頑張らない。
だから今日はブログを書かない。書かないことにした。
そういうどうしようもないテーマでもこれだけダラダラ記事を書けるのだから、世の中チョロいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。