【完全にステマ】私17歳の女子高生だけどアシナガペンギンさんってステキだと思う

全国七億三千万のディープストライカーファンのみんな、明けましておめでとう。僕こと@halcanaです。
突然だけど、今回の記事はステマなんだ。本当に済まない。

シールでステマ大作戦!|アシナガペンギン どっと ねっと

アシナガペンギンさんが好きすぎるのでシールが欲しい。ああ、欲しいね

もちろん嘘だ。シールなんて別に欲しくはない。
大体、僕はステッカーとかシールとかいうものの使い道がとんとわからないのだ。
生まれてこの方、携帯電話をデコったことすらない。
別にプリクラを撮ったことがないわけじゃないぞ。僕には大勢の友達がいるんだからな

アシナガペンギンは何故足が長いのか

それはそれとしてアシナガペンギンだ。
つまりどういうことかというと、いよいよ僕も全力でアシナガペンギンさんに媚を売ろうと、そういうわけだ。
なお、アシナガペンギンさんの足が何故長いのか、そういう基本的な疑問については以下の記事を参考にしてほしい。

ペンギンの骨格見てワロタ : 2chコピペ保存道場

僕くらいアシナガペンギンさんを好きすぎると、その足の長さの理由すら、骨格から推測できてしまうというわけだ。もちろんそれも嘘だ。

ここから本題

ここまでテキストを書いてから改めて件のキャンペーンの応募方法を見たところ、どうやらアシナガペンギン どっと ねっとの紹介記事を書かなければいけないらしい。盲点だった。正直、先ほどのような適当なことをダラダラ書いておけば自動的にシールが送られてくるのだと思っていた。奴は鳥類のくせにこういうところが実に巧妙だ。
くそっ、まさか僕がステルスマーケティングをすることになろうとはな。まさか僕が消費者に宣伝と気づかれないような宣伝行為をせざるを得ないとは。まさに俺はペンギンの掌の上で踊らされている17歳女子高生ってわけだ。

(ここからステマ)

無敵すぎるアシナガペンギンさんすごい

ぶっちゃけ僕はアシナガペンギンが嫌いだ。
というか僕より人気のある輩は総じて嫌いだ。全員海に沈めばいいと常々思っている。
でも奴はペンギンだからな。足が長いとは言えペンギンだから。
何度沈めてもおそらく華麗に波をかき分け生還し、僕の前に姿を表わすだろう。つまり奴は無敵だ。すごい。勝てない。

無敵なのに市井の民にもフレンドリーなアシナガペンギンさんヤバイ

そんな無敵なアシナガペンギンさんにとって、僕のようなゴミカス小市民などまさに石の裏のダンゴムシのような存在なのだが、しかしアシナガペンギンさんはヤバイ。そんなこと気にしない。
石の裏のダンゴムシにも優しくフレンドリーに歩み寄ってくれる。
しかも足が長いから歩み寄る歩幅が広い。ヤバイ。歩み寄る速度がヤバイ。速い。

どうヤバイかというと、かつて僕が「アシナガペンギンさんをパkリスペクトしてかわいい動物系マスコットを作ればチヤホヤされてハナタカペンギンになれるだろう」と考えて作った狐はるちゃんという美少女狐っ娘がいるのだが、こんなモロパクリのゲス行為すら、しっぽと狐耳を装着した上で応援してくれたりする。

No.23:「こういうのはやってるんでしょ?」|アシナガペンギン どっと ねっと

もうヤバイ。これはもうとにかくヤバイ。地球治めてほしいレベル。

そんなヤバくてすごいアシナガペンギンさんのシールを貰えるなら靴すら舐めてもいい

そういうわけで、僕はアシナガペンギンさんに媚びを売れるなら、アシナガペンギンさんの靴だってぺろぺろしてもいいと常々思っているわけだけれど、靴を舐めてもシールは貰えないらしい。悲しい。
そういうことなら仕方がないので今この記事を書いている。
僕がどれだけアシナガペンギンさんを敬愛しているのかは、それはもう僕が真剣に靴を舐めている画を見れば一発で理解できると思うだけに実に残念だ。

ヤバくてすごい上にシールのプレゼントキャンペーンも行なっている究極生命体アシナガペンギンさんの日常が楽しめるサイトがあるだって!?

ある。
http://ashinaga-penguin.net/

たかがシールほしさにこんなに素晴らしいステマ記事を書いた僕もすごい

もっと女子中学生とかにもモテていいと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。